Top >  加齢臭原因 >  加齢臭の原因ノネナール

スポンサードリンク

加齢臭の原因ノネナール

ノネナールとは、皮脂腺から出る脂肪酸が酸化、もしくは発酵することによってできる不飽和アルデヒドのことです。 唾液腺が口の中にあるように、皮膚には皮脂腺があり、ここから脂肪と脂肪酸が滲み出ているのです。 この皮脂腺から出る油脂成分が加齢臭のもとにノネナールを発生させてしまうのです。 皮脂腺から分泌される脂肪酸は、中性脂肪がグリセリンと脂肪酸に分解されてできるものですが、これが酸化すると過酸化脂質となり、揮発性アルデヒドの一種でノネナールが発生することになるのです。 脂肪酸はノネナールが多量に分泌されてしまうのです。 このように加齢臭の原因となるノネナールの発生を抑制するには脂肪酸を取り除くことと、酸化を防止することが必要であることが分かります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 加齢臭の原因2  |  トップページ  |  次の記事 加齢臭は女性でもなる  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/44

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「加齢臭の対策にお悩みなら・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。